金沢市立病院から徒歩3分の「超ソフトな施術なのに劇的に良くなる」と評判の整体院。肩こり・腰痛・骨盤矯正も人気。

 

 
 
 
 
 

『天職』を手にした「幸運な男」の話


元気様です。

【痛み・コリの施術家】として現場に立って14年、

金沢初、市内ただひとりのJBM(人体の法則学会)認定
『人体の法則』習得者の坪井秀明です。

それでは、あなたも興味シンシンであろう?
私のプロフィール

サラっとですが、お話しますね。
 

院長の略歴


1970年北海道生まれ。

1995年、明治学院大学国際学部を卒業。


在学中から、就職活動は一切せず
1年間のフリーター生活後、意を決して、
アメリカへ空手の内弟子修行へ。


帰国後、所属流派の
全日本大会軽量級で準優勝する。

格闘技通信などの専門誌に
2回掲載される。


専門誌の写真(真ん中が、私です)


しかし当時、
高校1年時から痛めていた腰が悪化。

いろいろ治療を受けた結果、PNFという
運動的アプローチも兼ねるカイロプラクティック院で、
劇的に症状が良くなる。

それがきっかけで、施術家の道を志す。


お世話になっていたカイロの院長の紹介で
1998年、村上整体専門医学院に入学。

2年間の在学中から、自分が患者だった
カイロプラクティック院でスタッフとして働く。


専門学校卒業後、所属していたカイロプラクティック院が
スポーツクラブ内に出した分院で5年間、分院長を務める。

その後2004年、独立。


神奈川県川崎市のアゼリア地下街で
アゼリア整体院を開業。

ほぼ毎日8時間以上は施術し続けるほど、
多くのお客様に来院していただいていたが、

結婚&長女の出産を機に、石川県小松市に転居。


2006年、自宅にて『お元気整体院』開業。

オープン後3か月で、
“コンスタントにお客様にご利用いただく整体院”となる。

2008年、突然の県外転居のため一時閉院。


・・・そして2010年10月10日(日曜)、
 

2年間の「人生修業」を経た後、
石川県金沢市長坂の地で『お元気整体院』を復活

ざっと話すと、以上が『私の人生』です・・・


の2年間の経験で得た

・「人生の気づき」

・よりパワーアップした『気』のエネルギー

・2年前に習得後、更に臨床・研究を重ねた「人体の法則」

これらを携え、金沢の地で再び【治療家】として
「小さいけど、大きな一歩」を踏み出した
「天職が施術家」の男です。
 

コリない男


・・・は、このプロフィールを書く前、

文章の整理も兼ねて、
「自分史」というモノを書いてみました。

大学卒業後、空手中心の生活を経て、
何をしてきたか・・・


施術に関することしかほとんどしていない
このことに、改めて気づきました(笑)。

   
たとえお休みの日でも、

出張施術してたり、
大きい本屋さんで、専門書を買いあさっていたり・・・

 

ですが、それを苦に想ったことは
1度もありません。


やはり、私にとって「施術家」は『天職』なのだと思います。


そんな私が、どんな施術方法を学び、

現在の『人体の法則』をベースにする施術に至ったかというと・・・
 

施術のルーツ


門学校では、
【オーソドックスに筋肉をほぐし、骨をボキボキ鳴らし骨格調整をする施術法】
を学びました。


その後、就職したカイロプラクティック院では、
【ソフトに関節を調整する手技と運動療法】
を身につけました。


特に、スポーツ関連のお客さまと数多く、関わることが多かったです。

『大学選手権決勝の常連・関東学院大学ラグビー部』の
施術を担当していた院長のサポートも、経験しました。


2000年1月2日、大学ラグビー選手権準決勝の際、
国立競技場控え室まで行き、

後々、日本代表になった選手たちを試合直前までケアさせていただいたのは
良き思い出です。


スポーツクラブでの分院長の時は、
それまで学んだ施術法をさらに磨き、実践

お陰様で、多くのお客様に喜んでいただけました。

所属したスポーツクラブ・グループ内で
全国でもトップクラスの成績を収めることもできました。


    
かし、分院長4年目の頃・・・

私は施術において、「大きな壁」にぶつかりました。


お客様の数が増えるほど、

だんだん「従来の施術法」を磨くだけでは
対応しきれないことが増えてきたのです。

「施術した直後は楽なんだけど、帰ったら、すぐに戻っちゃうんだよね。」

この頃、そんな訴えをよく耳にしました。


非常に辛い、苦しい時期でした。


「一体、どうすればいいんだろう・・・」

周りの施術家の同僚・先輩にアドバイスを求めても

「それなりに結果だしてるから、イイんじゃない?」
そんな返事が、ほとんどでした。

   
しかし、どうしても私には
「従来の施術法」を続ける気にはなれなかったのです・・・
 

施術法の転機


ょうどその頃・・・

所属していたカイロ院の本院長が、
気功などのエネルギー施術に興味を持ち、
自らも学び始めていました。


正直、半信半疑でしたが、
 「少しでも、良い施術結果が出せるのなら・・・」
とワラにもすがる思いで、様々なエネルギー施術の資料を取り寄せました。

   
その後、独立半年前から、施術の更なるレベルアップのため
本格的に気功・エネルギー施術の習得にも力を入れ始めました。


その際、最も熱心に学んだのが、

・日本で最も著名な経営コンサルタント・船井幸雄氏
・右脳開発の第1人者だった故・七田眞氏

も推薦する「気導術」というエネルギー施術です。


当時、気導術は施術家の間でも非常に人気がありました。

3泊4日で45万円以上する集中セミナーが、半年待ち
になるほどだったのです。


私は集中セミナーだけでなく、
毎月ある「研究コース」にも欠かさず出席。

日本気導術学会・鈴木眞之会長の

「症状を恐れるな!『必ず良くする』という気概を持ちなさい」
という言葉に、非常に強く共感しました。

無我夢中で、導術の「気エネルギー」を使う施術を学び、実践しました


結果、施術のレベルは大きく上がりました。

メンタル面や内臓の不調を訴えるお客様にも
対応させていただけるようになりました。


施術の日々が、より一層楽しい毎日でした。

しかしその一方で、治療家として
『最も大きな、ツラい学びとなる経験』もありました。。。
 

大きな「学び」と進歩


る73歳の、
おばあちゃんの施術を依頼されました。

・・・実はこの方、全身にガンが転移していたのです。


施術依頼が来た時点で、

「もっても明日までの命だろう」と、お医者様から宣告された方でした。


そんな方の施術・・・
全くビビらなかった・・・といったらウソになります

   

ですが、

ご親族の熱意、そして
気導術・鈴木会長の「病気は必ず良くなる」という言葉、

これらが「天職・施術家」である
私を突き動かしました。

2日に1度、整体院での施術の合間を縫って
病院まで出張施術をしました。

   
結果、
お医者様が寿命と診たより2週間以上、長生きしていただけました。


・・・しかし、親族の方たちが、
「昼夜を徹しての看病」に疲れ始めた頃、

それを悟ったかのように、
おばあちゃんは息を引き取っていきました・・・


最後は、3人いるお子さんのうち、
次女の方といっしょに、私が見取りました。。。


んな大きな経験もしながら、
更に気導術での施術の研鑽に努めた結果、

日本気導術学会で43人目の気導術師(インストラクター)も取得。
(※現在は、同学会を退会したため、同学会HP上に私の名前はありません)

自らの整体院での施術の傍ら、
毎月の研究コースや、集中コースで
受講者の指導もさせていただきました。


ヒーリングなどにも興味を持ち、

●リコネクティブ・ヒーリング
●レイキ

なども、習得しました。


そんな生活を続けていた3年前、
またもや私は「施術における壁」にぶつかっていました。


「気導術での施術」では、私自身が納得のいく
施術結果が出しにくいお客様が増えてきたのです。。。

   
その時感じた「壁」の大きさ・ぶ厚さは、
エネルギー施術を学ぶ以前に感じた「壁」と比較しても、
正直、はるかにキツいものでした。

   
気導術によって、それ以前より
はるかに高いレベルの施術ができていたところで、
ぶつかった「壁」ですから、それも当然です。


しかも当時、私は「気導術」のインストラクター。

恥ずかしながら、学会内や鈴木会長からも、
それなりに期待されていました。

   
間違っても「気導術でも、良くならないものはある」
とは言えない立場でした。。。


そんな悩みを抱えて悶々としていた頃・・・

前々から気になっていた施術法が、
ますます気になり出していました。

その施術法こそが・・・『人体の法則』です。

 

「気導術」との別れ、そして『人体の法則』へ


は気導術を学んで間もない頃から、
『人体の法則』提唱者の高岡武八代表とは面識があり、

非常にユニークな施術をされる高岡代表のことは、
当時から私にとって“憧れの存在”でした。


「気導術」も『人体の法則』も
ともに『気エネルギー』を使って施術していくのは
いっしょなのですが、

「施術に対する視点」は、全く異なります。

   
「気導術」は、
最終的に、あくまでも「患部」を中心に
施術を組み立てていきます。


しかし、
 『人体の法則』において“施術の中心”となるのは、

患部以外の、「痛みの真の原因」となる箇所です。


そして「気導術」の施術では、

最終的に、「施術者個人の経験」を頼りに
施術を組み立てるのに対し、


『人体の法則』では、
まず人体マップ化された
『人体の法則』をベースにできるので

自らの経験だけに頼ることなく、

かなり客観的かつシステマティックに
施術を組み立てることができます。
(詳細は、「『人体の法則』をご覧ください)


また高岡代表の『懐の深い・大らかなお人柄』も、
非常に魅力的でした。


みに悩んだ挙句、思い切って
高岡代表に自分の胸の内を聴いていただきました。

迷惑な話かと、正直思いました。


しかし、高岡代表は

「気導術学会内でのケジメがつけられるなら、
後々、坪井先生を受け入れることもできますよ」

と、言葉をかけていただけたのです。


私の心は、決まりました。

気導術に没頭して4年
 「気導術で『ヒトを治す』」ことだけを考えてきた4年間でした。

   
しかし、自分の中で

「気導術での施術」に限界を感じてしまった以上、
そこに留まる訳にはいかなかったのです・・・


お客様が良くなってもらうために、
その時点でベストの施術を提供する

それが、私の施術家としての根本だからです。


2008年4月、迷うことなく、
私は、日本気導術学会を退会しました。

幸い、情け深い鈴木会長は
私の退会を、惜しみつつも
あれこれ言わず受理してくださいました。


その半年後、ようやく私は
 『人体の法則』を習得することができたのです。

     
そこから、施術家として
「さらなる高み」へステップアップすることができました。


もちろん、『人体の法則』さえ知っていれば、
 お客様の全ての痛み・ストレスを一発で解消できる
・・・という訳ではありません。

   
ですが、世間的に「良くなりづらい」症状でも、

 『人体の法則』ならごくアッサリと解決してしまうのは、
 非常によくあることです。


『人体の法則』を習得したことで、

それまで以上に、肉体レベルだけでなく、

精神レベルからも、さらに深く「痛みの真の原因」を
探し出すことも可能になりました


そして今現在、私の施術法は、

これまでより一層、
「お客さまの身体とココロ」に負担をかけない、優しい施術になりました。


これからも、今以上に

ひとりでも多くのお客さまの『生きる喜び』が
ふえるお手伝いがしたい」

と、日々修練を重ねる・・・そんな2児のパパです。


 

 



メールの方は、こちらをクリック(24時間いつでもどうぞ!) 


金沢市立病院 徒歩3分 肩こり・腰痛・ストレスの解消・骨盤矯正なら

金沢市の整体:平和町のお元気整体院

 

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成